デリケートゾーンが臭い人は病気かも?

デリケートゾーンが臭うのは普通のことですが、そのにおいの程度が異常な場合は、病気を疑ってみましょう。性病にかかっている可能性があるかもしれず、時にはもっと重大な病気に罹っているかもしれません。

◆カンジダ膣炎は臭いがきつい
カンジダ膣炎は、おりものがボソボソしたヨーグルトのようになり、外陰部や膣内が痒くなる病気です。なお、膣内にいるカンジダ真菌が異常に増えるとこのような状態になり、特にセックスとをしたからと言うことではありません。デリケートゾーンから生臭い臭いがあるのが特徴です。

 

◆細菌性膣炎では酸っぱい臭いが強くなる
細菌性膣炎はセックスでの感染症とは限らず、膣内の洗い過ぎや、体力の低下でも発症します。細菌性膣炎では、粘着質のおりものが増えて、生臭いような酸っぱい臭いがします。

 

◆淋病に罹ると生臭い臭いが強くなる
淋病は、女性の場合は子宮頸管炎になり、排尿時に痛みがあったり、おりものが増えたりします。なお、つよい生臭い臭いが特徴です。

 

◆トリコモナスとクラミジアは魚が腐った臭いがする
トリコモナスはコンドーム無しのセックスで感染しますが、それ以外にバスタオルや便座などから感染することもあります。魚が腐ったような生臭い臭いがします。また、クラミジアで膣内環境が悪化して膣炎になると生臭い魚の臭いがします。

 

◆子宮頸がんはおりものの色と臭いに注意
子宮頸がんではおりものの量や色に変化があり、腐敗臭が特徴です。これはただ事では済まなくなりますから、十分に気をつけましょう。

子宮頸がんは生命に関わる病気ですが、特に臭いで異常が分かる婦人病ですから、常にデリケートゾーンの臭いに留意するようにしましょう。

なお、デリケートゾーンの臭いに無関心な人はいないと思いますが、常に臭いをチェックしていれば、子宮頸がんを早期に発見できます。

性病の検査方法には性病検査キットもある

デリケートゾーンは女性特有の構造があり、したがって男女に共通する性病もありますが、女性にしかない性病もあります。性病の検査は通常は病院でおこないますが、最近は検査を自宅でおこなうこともできます。

 

◆病院での性病検査は泌尿器科
性病検査に行くのにはいささか勇気が必要かもしれません。できるなら女医さんのほうが安心できるでしょうが、この場合そんなことは二の次です。

行くのは泌尿器科で、検査項目は、尿検査と血液検査です。尿検査では、尿の中に病原体がいるかどうかを調べますが、女性の性病検査では、膣内雑菌やクラミジア、淋病やトリコモナス、カンジタなどが検査対象で、膣分泌液を調べます。

血液検査では、HIV感染症や梅毒、性病ではないB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスなどを調べますが、喉の検査を行うこともあります。

 

◆性病検査と健康保険
病院や保健所での検査費用は基本的には、検査費用と診察代、初診料で、既に性病が疑われる症状がある場合は健康保険が適用されます。

しかし無症状での検査には健康保険が適用されない場合もありますから、事前に問い合わせておきましょう。なお、自分の名前を言わないで、匿名で性病検査をおこなうことができます。

 

◆性病検査キットを使う検査
病院や保健所などへ行くことで他人に性病検査を知られたくない時、あるいはこれらの施設へ行く時間がとれない時などに便利なのが、自宅で検査ができる性病検査キットです。

性病検査キットはいくつもありますから、信頼性や価格、さらにはアフターフォローなどの条件をしっかり調べることが肝要です。

 

性病検査キットは簡単なので、これで本当に検査ができるのかと不安になるかもしれませんが、明記されている検査委託先が国指定の検査機関であれば安心できます。

念には念を入れたいという場合は、まずは性病検査キットを使用して、陰性か陽性かを確かめてから、しかるべき医療機関で再検査や治療を受けることもおすすめです。

デリケートゾーンの異臭は病気のサイン!?

デリケートゾーンがまったく無臭ということはありません。人体は寝ていても起きていても、常に細胞が入れ替わり、さまざまな分泌物が体外に排出されています。

もちろん女性のデリケートゾーンも代謝と分泌がありますから、それに付随する何らかの臭いがあります。たとえば生理の時には経血独特の生臭い臭いがあります。

 

デリケートゾーンの異臭の原因を知ろう

人体は四六時中細胞が活動していますから、デリケートゾーンに臭いがあるのは当然です。しかし、その臭いがきついと周囲にも広がっているのではないか?と不安になります。

人体は臭いや痛み、痒みなどで病気を知らせるという機能を有しています。デリケートゾーンの嫌な臭いの原因の大半は雑菌が繁殖して、その雑菌が老廃物を出すからです。

 

デリケートゾーンはショーツなどで覆われているので通気性が良くありません。また、ショーツには汗や尿その他おりものなどが付着します。

そうすると、どこにでもいる雑菌のエサになりますから、雑菌が増えます。増えた雑菌が汗などに含まれているたんぱく質を食べて老廃物を排出します。

 

アポクリン汗腺の汗

人体には無数の汗腺があり、エクリン汗腺とアポクリン汗腺からは、たえず汗が出ています。デリケートゾーンにはアポクリン汗腺が多く、そこから出る汗にはたんぱく質や脂肪、アンモニアなどが含まれています。これらの物質は雑菌には栄養満点のエサになり、そこに高温多湿な環境があるので、デリケートゾーン独特の臭いになります。

 

デリケートゾーンの異臭は病気を知らせる

以上のことはいわば正常なことですから、デリケートゾーンが臭わないようにするには、常に清潔にして、保湿をしながら通気性を保つようにすれば、異臭は大幅に軽減されるでしょう。

しかし、この異臭が女性特有の病気で発することも知っておきましょう。通常よりもおりものの量が増えたり、色が変わった時、さらには臭いが強くなった場合は、婦人科で診察をしてもらうことをおすすめします。

 

それは強い異臭が、そのままにはしておけない、子宮頸がんや子宮内膜炎、あるいは淋病や細菌性膣炎、トリコモナス膣炎などの可能性があるからです。

いくつかのケースについて、考えられる病気を見ていきましょう。

痒く臭う時は注意!?

デリケートゾーンが痒い時に、同時に臭いが異常な時は要注意と言えます。ただし、痒みと臭いには限度があり、少し痒くて、少しにおう場合は、それほど心配はしなくてもいいでしょう。以下に要注意の痒みと臭いについて述べることにします。

■デリケートゾーンを清潔にしていますか?
デリケートゾーンが痒くなる原因は、大概は不潔によるかぶれです。つまり、清潔に保っていないと、雑菌が繁殖して肌がかぶれるのです。

下着や生理中のナプキンには、膣からのおりものや経血に加えて、汗が付着します。そうすると、当然ながら不潔ですから、雑菌が増えて、それが皮膚への刺激になり、痒みと同時に臭いが発生しますから、それを防ぐにはとにかく清潔にしなければなりません。

 

■痒みと臭いでは病気に注意
女性特有の病気にページェット病があり、これは閉経後の女性に多い癌ですが、外陰部に痒みを覚えます。また、セックスでパートナーから毛ジラミが移ると痒くなります。

さらに、疲労などで身体の免疫力が低下すると、カンジダ膣炎で痒みと臭いが強くなります。インフルエンザなどを治療するために抗生物質を服用すると、膣内にいる善玉菌が減少することがあり、カンジダ菌が増えすぎて、カンジダ膣炎になることもあります。

ほかには感染症のトリコモナス膣炎も痒みを覚えますし、きつい臭いを伴います。

 

■痒みと臭いの予防・対策方法
以上、デリケートゾーンの痒みと臭いは、病気による場合があります。それ以外の原因は不潔な環境によりますから、まずはデリケートゾーンを常に清潔に保つことと、適度に保湿することが、痒みと臭いの予防・対策方法になります。

ただし、痒みも臭いも不潔が原因だからと、間違った方法で洗い過ぎたりすると、今度はそれが原因で、かぶれたりして痒みと臭いが強くなってしまいます。

デリケートゾーンの正しい洗い方などを紹介するWebサイトを参考にして、常に清潔に保つことと、万一の場合はすぐに婦人科で診察をうけましょう。

デリケートゾーンに痛みと臭いがあるのは要注意

デリケートゾーンにも神経がありますから、外的内的の刺激に反応します。もし臭いが異常で、局部がヒリヒリと痛むようなら、それは見過ごせないことです。ただし、痒みがあって、腫れたりした場合の痛みはカンジダ膣炎で、痒い部分を手でかきむしったから痛くなったということもあります。

 

■部位の痛みで分かる病気
かきむしったから痛いというのではない場合は、カンジダ膣炎以外の病気が疑われます。小陰唇や大陰唇の内面に痛みがある場合に疑われるのは、細菌やヘルペスウィルスや梅毒のスピロヘータなどですし、バルトリン腺炎やそれに付随するバルトリン腺のう腫が疑われます。また、ヘルペスウィルスの感染で発症するのは性器ヘルペス」などが考えられます。

■痛みがあるデリケートゾーンの病気

・外陰潰瘍
細菌やヘルペスウィルス、あるいは梅毒スピロヘータなどの感染症で、かなり激しく痛みます。なお、治療には抗生物質や抗ウイルス剤が用いられます。

・バルトリン腺炎
痛みが強く、局部が赤く腫れます。抗生物質で治りますが、局部に膿が溜まった時は切開手術で膿を出す治療をおこないます。

・バルトリン腺のう腫
化膿した場合は激しい痛みを感じますが、場合により切開手術で膿を出します。

・性器ヘルペス
陰部に小さな水疱ができ、それをつぶすと潰瘍になり、排尿時にかなり痛みを感じます。治療には抗ヘルペスウィルス剤を用います。ちなみに、これらの病気はデリケートゾーンを清潔にして、セックスではコンドームを使用すれば防ぐことができます。

引用 デリケートゾーン臭い対策.jp

 

■深刻な悪性の病気もある
上に述べた病気以外に深刻な悪性の病気での痛みと臭いもあります。たとえば、外陰がんなどは比較的自覚症状がありますし、がんの一種のページェット病も大陰唇に湿疹ができて、痒みを覚えます。性病以外の怖い病気がありますから、痛みが異常な場合はためらわずに婦人科で診察を受けるようにしましょう。

アンダーヘアを正しく処理しよう

アンダーヘアをどのような方法で処理するかについて、今多く言われるのは脱毛ですが、それ以外にも除毛ということではいくつかの方法があります。どれもがメリットとデメリットがあるので、どれが正しい方法かは議論が分かれるところです。

◆アンダーヘアの処理の多くは除毛
アンダーヘアの処理方法は除毛と脱毛があり、実は多くの場合脱毛ではなく除毛だということを理解しましょう。また、手軽さや費用の点、処理に要する期間などいろいろな条件があります。

◆自分でおこなうアンダーヘア処理
最初に誰もが試みるのはカミソリやシェーバーでの処理で、メリットは簡単で低コストですが、デメリットは頻繁におこなう必要があるので、肌に負担がかかることです。

次に毛抜きやワックスでの処理がありますが、毛を引き抜くのですから、痛みが大きいことと、埋没毛になるリスクがあります。クリームやムースの除毛剤での除毛は手軽ですが、すぐに毛が生えてきますし、薬剤なのでデリケートゾーンへの負担が大きいというリスクがあります。

ヒートカッターという方法もありますが、これは除毛でも脱毛でもありません。また、ワックス脱毛はいわば毛を引き抜くのですから、痛みと肌への負担が大きいというデメリットがあります。

◆レーザー脱毛と光脱毛
本当の意味での脱毛は、医療機関でのレーザー脱毛ですが、費用と時間が問題です。なお、レーザー脱毛はその原理上、永久脱毛が可能な方法と言えます。

しかし処理に時間とお金がかかるので、どうしても二の足を踏んでしまいます。そこで多くの場合レーザーに似た光脱毛が推奨されますが、これは実際には除毛です。以前は家庭用の光脱毛器は価格はともかくとして、効果がないと不評でした。

しかし、最近の家庭用の光脱毛器などではリーズナブルな価格で高い除毛効果が得られる製品もあるので、以上のアンダーヘア処理の中では一番正しく、効果の点でもおすすめと言えそうです。

デリケートゾーンの色・形をチェックするには

デリケートゾーンの色味やフォルムが気に掛かっている方はたくさんいると思います。ですが友人と比較するのはほぼ無理ですよね。

ですが置き鏡を用いれば、自分でもかなり的確にデリケートゾーンを観察する事が叶います。

■人気の(?)デリケートゾーンの色味やフォルムは
顔をはじめとする容姿が千差万別ならば、もちろんデリケートゾーンも千差万別。そして、芸能人のような好まれやすい容姿があるように、好まれやすいデリケートゾーンの色味やフォルムがあるようです。

◇女性が好むのはどんなデリケートゾーンなのか
男性と女性でデリケートゾーンへの興味の持ち方は異なるでしょうが、より真剣なのは当然女性側のはずです。

そして、顔などのパーツよりも基準が曖昧だとは思わますが、強いて挙げるならば、色味は「薄桃色」で、フォルムは「多少小さめ」というのが、女性に好まれ、求められやすいと言われています。

◇本当に「求めているデリケートゾーン」と差異があるのでしょうか?
「まあ色々言われたところで、やっぱり自分のデリケートゾーンは好きじゃないです」と感じている方もいるかもしれません。

ですがそれは、光の加減や角度の問題で正しく観察できていないために、そう感じているという可能性もあります。正しい手立てで改めて観察すると、存外満足できるかもしれませんよ。

 

■自らのデリケートゾーンを的確にチェックするには?
当然ですが、まずは部屋を明るくして下さいね。暗いとデリケートゾーンの正確な色味が分からなくなってしまいます。

◇デリケートゾーン・鏡・目を一直線に
手で持つタイプの鏡では、ブレや角度が誘因で見え方がおかしくなる可能性が高いです。ですから、ブレる心配の無い置き鏡を平らな場所に置いてください。

そうしましたら、置き鏡の真正面にしゃがむか座るかして、デリケートゾーンを映してください。

当然、鏡に映ったデリケートゾーンは、正面から見る必要があります。両目の間、つまり自分の鼻の位置と、デリケートゾーンと鏡が一直線になるように気を配る必要性があるという事ですね。

◇スマホの写真機能に頼るのもアリ
「上手く観察できるか心配……」と感じる方は、スマホの写真機能を用いるのも良いかもしれません。明るさと角度に気を付けつつ撮影すれば、十全にチェックできます。

撮影は簡単ですし、納得いくまで何回か取り直すのも良いでしょう。

ただし、他人の目に触れないようにする配慮が必要です。まず、メールでの誤送信やネット上でのアップをしないようにして下さい。

また、チェックが完了したらすぐに消さないと、忘れた頃に、例えば「この間の旅行の写真なんだけど……」などと言って間違って見せてしまう可能性もあります。

どの手立てを用いるにしても、清潔な指で軽く広げて、丁寧に見てみて下さい。実は既に好みのデリケートゾーンを手に入れているのかもしれませんよ。デリケートゾーンの臭いナビ