デリケートゾーンが臭い人は病気かも?

デリケートゾーンが臭うのは普通のことですが、そのにおいの程度が異常な場合は、病気を疑ってみましょう。性病にかかっている可能性があるかもしれず、時にはもっと重大な病気に罹っているかもしれません。

◆カンジダ膣炎は臭いがきつい
カンジダ膣炎は、おりものがボソボソしたヨーグルトのようになり、外陰部や膣内が痒くなる病気です。なお、膣内にいるカンジダ真菌が異常に増えるとこのような状態になり、特にセックスとをしたからと言うことではありません。デリケートゾーンから生臭い臭いがあるのが特徴です。

 

◆細菌性膣炎では酸っぱい臭いが強くなる
細菌性膣炎はセックスでの感染症とは限らず、膣内の洗い過ぎや、体力の低下でも発症します。細菌性膣炎では、粘着質のおりものが増えて、生臭いような酸っぱい臭いがします。

 

◆淋病に罹ると生臭い臭いが強くなる
淋病は、女性の場合は子宮頸管炎になり、排尿時に痛みがあったり、おりものが増えたりします。なお、つよい生臭い臭いが特徴です。

 

◆トリコモナスとクラミジアは魚が腐った臭いがする
トリコモナスはコンドーム無しのセックスで感染しますが、それ以外にバスタオルや便座などから感染することもあります。魚が腐ったような生臭い臭いがします。また、クラミジアで膣内環境が悪化して膣炎になると生臭い魚の臭いがします。

 

◆子宮頸がんはおりものの色と臭いに注意
子宮頸がんではおりものの量や色に変化があり、腐敗臭が特徴です。これはただ事では済まなくなりますから、十分に気をつけましょう。

子宮頸がんは生命に関わる病気ですが、特に臭いで異常が分かる婦人病ですから、常にデリケートゾーンの臭いに留意するようにしましょう。

なお、デリケートゾーンの臭いに無関心な人はいないと思いますが、常に臭いをチェックしていれば、子宮頸がんを早期に発見できます。

コメントは受け付けていません。