デリケートゾーンの異臭は病気のサイン!?

デリケートゾーンがまったく無臭ということはありません。人体は寝ていても起きていても、常に細胞が入れ替わり、さまざまな分泌物が体外に排出されています。

もちろん女性のデリケートゾーンも代謝と分泌がありますから、それに付随する何らかの臭いがあります。たとえば生理の時には経血独特の生臭い臭いがあります。

 

デリケートゾーンの異臭の原因を知ろう

人体は四六時中細胞が活動していますから、デリケートゾーンに臭いがあるのは当然です。しかし、その臭いがきついと周囲にも広がっているのではないか?と不安になります。

人体は臭いや痛み、痒みなどで病気を知らせるという機能を有しています。デリケートゾーンの嫌な臭いの原因の大半は雑菌が繁殖して、その雑菌が老廃物を出すからです。

 

デリケートゾーンはショーツなどで覆われているので通気性が良くありません。また、ショーツには汗や尿その他おりものなどが付着します。

そうすると、どこにでもいる雑菌のエサになりますから、雑菌が増えます。増えた雑菌が汗などに含まれているたんぱく質を食べて老廃物を排出します。

 

アポクリン汗腺の汗

人体には無数の汗腺があり、エクリン汗腺とアポクリン汗腺からは、たえず汗が出ています。デリケートゾーンにはアポクリン汗腺が多く、そこから出る汗にはたんぱく質や脂肪、アンモニアなどが含まれています。これらの物質は雑菌には栄養満点のエサになり、そこに高温多湿な環境があるので、デリケートゾーン独特の臭いになります。

 

デリケートゾーンの異臭は病気を知らせる

以上のことはいわば正常なことですから、デリケートゾーンが臭わないようにするには、常に清潔にして、保湿をしながら通気性を保つようにすれば、異臭は大幅に軽減されるでしょう。

しかし、この異臭が女性特有の病気で発することも知っておきましょう。通常よりもおりものの量が増えたり、色が変わった時、さらには臭いが強くなった場合は、婦人科で診察をしてもらうことをおすすめします。

 

それは強い異臭が、そのままにはしておけない、子宮頸がんや子宮内膜炎、あるいは淋病や細菌性膣炎、トリコモナス膣炎などの可能性があるからです。

いくつかのケースについて、考えられる病気を見ていきましょう。

コメントは受け付けていません。