痒く臭う時は注意!?

デリケートゾーンが痒い時に、同時に臭いが異常な時は要注意と言えます。ただし、痒みと臭いには限度があり、少し痒くて、少しにおう場合は、それほど心配はしなくてもいいでしょう。以下に要注意の痒みと臭いについて述べることにします。

■デリケートゾーンを清潔にしていますか?
デリケートゾーンが痒くなる原因は、大概は不潔によるかぶれです。つまり、清潔に保っていないと、雑菌が繁殖して肌がかぶれるのです。

下着や生理中のナプキンには、膣からのおりものや経血に加えて、汗が付着します。そうすると、当然ながら不潔ですから、雑菌が増えて、それが皮膚への刺激になり、痒みと同時に臭いが発生しますから、それを防ぐにはとにかく清潔にしなければなりません。

 

■痒みと臭いでは病気に注意
女性特有の病気にページェット病があり、これは閉経後の女性に多い癌ですが、外陰部に痒みを覚えます。また、セックスでパートナーから毛ジラミが移ると痒くなります。

さらに、疲労などで身体の免疫力が低下すると、カンジダ膣炎で痒みと臭いが強くなります。インフルエンザなどを治療するために抗生物質を服用すると、膣内にいる善玉菌が減少することがあり、カンジダ菌が増えすぎて、カンジダ膣炎になることもあります。

ほかには感染症のトリコモナス膣炎も痒みを覚えますし、きつい臭いを伴います。

 

■痒みと臭いの予防・対策方法
以上、デリケートゾーンの痒みと臭いは、病気による場合があります。それ以外の原因は不潔な環境によりますから、まずはデリケートゾーンを常に清潔に保つことと、適度に保湿することが、痒みと臭いの予防・対策方法になります。

ただし、痒みも臭いも不潔が原因だからと、間違った方法で洗い過ぎたりすると、今度はそれが原因で、かぶれたりして痒みと臭いが強くなってしまいます。

デリケートゾーンの正しい洗い方などを紹介するWebサイトを参考にして、常に清潔に保つことと、万一の場合はすぐに婦人科で診察をうけましょう。

コメントは受け付けていません。