デリケートゾーンの色・形をチェックするには

デリケートゾーンの色味やフォルムが気に掛かっている方はたくさんいると思います。ですが友人と比較するのはほぼ無理ですよね。

ですが置き鏡を用いれば、自分でもかなり的確にデリケートゾーンを観察する事が叶います。

■人気の(?)デリケートゾーンの色味やフォルムは
顔をはじめとする容姿が千差万別ならば、もちろんデリケートゾーンも千差万別。そして、芸能人のような好まれやすい容姿があるように、好まれやすいデリケートゾーンの色味やフォルムがあるようです。

◇女性が好むのはどんなデリケートゾーンなのか
男性と女性でデリケートゾーンへの興味の持ち方は異なるでしょうが、より真剣なのは当然女性側のはずです。

そして、顔などのパーツよりも基準が曖昧だとは思わますが、強いて挙げるならば、色味は「薄桃色」で、フォルムは「多少小さめ」というのが、女性に好まれ、求められやすいと言われています。

◇本当に「求めているデリケートゾーン」と差異があるのでしょうか?
「まあ色々言われたところで、やっぱり自分のデリケートゾーンは好きじゃないです」と感じている方もいるかもしれません。

ですがそれは、光の加減や角度の問題で正しく観察できていないために、そう感じているという可能性もあります。正しい手立てで改めて観察すると、存外満足できるかもしれませんよ。

 

■自らのデリケートゾーンを的確にチェックするには?
当然ですが、まずは部屋を明るくして下さいね。暗いとデリケートゾーンの正確な色味が分からなくなってしまいます。

◇デリケートゾーン・鏡・目を一直線に
手で持つタイプの鏡では、ブレや角度が誘因で見え方がおかしくなる可能性が高いです。ですから、ブレる心配の無い置き鏡を平らな場所に置いてください。

そうしましたら、置き鏡の真正面にしゃがむか座るかして、デリケートゾーンを映してください。

当然、鏡に映ったデリケートゾーンは、正面から見る必要があります。両目の間、つまり自分の鼻の位置と、デリケートゾーンと鏡が一直線になるように気を配る必要性があるという事ですね。

◇スマホの写真機能に頼るのもアリ
「上手く観察できるか心配……」と感じる方は、スマホの写真機能を用いるのも良いかもしれません。明るさと角度に気を付けつつ撮影すれば、十全にチェックできます。

撮影は簡単ですし、納得いくまで何回か取り直すのも良いでしょう。

ただし、他人の目に触れないようにする配慮が必要です。まず、メールでの誤送信やネット上でのアップをしないようにして下さい。

また、チェックが完了したらすぐに消さないと、忘れた頃に、例えば「この間の旅行の写真なんだけど……」などと言って間違って見せてしまう可能性もあります。

どの手立てを用いるにしても、清潔な指で軽く広げて、丁寧に見てみて下さい。実は既に好みのデリケートゾーンを手に入れているのかもしれませんよ。デリケートゾーンの臭いナビ

コメントは受け付けていません。